O-157感染の赤ちゃんの症状は?平均潜伏期間や予防法を調査!

今、日本全国で話題になり非常に恐れられているのが“O-157”です。

大腸菌のほとんどは無害と言われていますが、中には下痢などの症状も引き起こす「病原性大腸菌」と呼ばれているものがあります。

病原性大腸菌には4種類あり、O-157は溶血性尿毒症症候群(HUS)脳症(けいれんや意識障害)を引き起こすと言われる、腸管出血性大腸菌の代表的な細菌なんです。

O-157の感染力は非常に強く、100個程度の細菌が体内に入っただけでも、病気を起こし、最悪な場合はとても悲しい結末となってしまうんですね。

100個の細菌?と思うかもしれませんが、実はよくある食中毒は約100万個以上の細菌が体内に入ってから起こるといわれているんです。

それを知ると、O-157がいかに強い毒性を持っているかがわかるでしょう。

実際に、どんな症状がでるのか、また感染経路や予防法について調べてみました。

 

 

 

Sponsored Link

O-157細菌の生存条件は?

 

 

 

・水の中や土の中で、数週間から数ヶ月間生きている。
・低温に強く、冷凍庫内でも生きられる。
・酸性に強く、口から入ったO-157は胃酸にも負けない。
・熱には弱く、75℃で1分間の加熱で消滅する。
・増殖は、温かく栄養分と水分のあるところで盛んになり、身体では大腸にて繁殖する。

 

以上の、条件を見てみますと、人の身体に入った場合にはO-157の細菌にとってとても居心地の良い場所ではないですか?!

胃酸にも負けず、温かく繁殖するのに充分の条件です。

本当に怖いものですね・・・

 

O-157の感染経路は?

 

2780243 / Pixabay

 

O-157は家畜の牛や羊、豚などの大腸を住処としています。
汚染は家畜の糞などから水や食物を介し感染したり、感染した人から人へと感染を広めていきます。

 

また、繁殖時期ですが、夏によく聞く食中毒よりもO-157は毒性も強く、低温でも生存し続けるため、秋から冬にかけてなど、気温が低い時期でも発生するんですね。

夏は食中毒、冬はインフルエンザと勝手に思っていましたが、冬でもO-157による食中毒に気をつけなければなりませんね。

つまりは、1年中注意が必要な、恐怖の細菌です!

 

 

 

Sponsored Link

O-157の主な症状は?

 

ZahidJavali / Pixabay

 

・腹痛や下痢
潜伏期間は約4~8日間と言われています。
のちに、激しい腹痛や水っぽい便(下痢)が頻回に起こり、血便のようになっていきます。

成人は感染しても、軽い下痢などで終わることもありますが、排泄物からの感染があるので、共同のトイレの使用など、家族に感染が広がらないように注意が必要ですね。

※子どもや赤ちゃんなど乳幼児の場合は、非常に強い痛みが出ます。

・発熱

・溶血性尿毒症症候群(HUS)
蒼白、倦怠感、むくみなど。
さらに、中枢神経症状により眠気や幻覚、けいれんも起こるようです。

・脳症
頭痛、傾眠、不穏、多弁、幻覚が予兆として起こり、数時間から12時間後にけいれんや昏睡状態が始まる。

強い毒性を持つ、感染症なので成人よりも、子どもや赤ちゃんが感染してしまうと、最悪な結果に陥ることもあると言われています。

まだ、免疫力もない赤ちゃんには、本当に恐ろしい細菌です。

赤ちゃんや幼い子どもが家にいる方は、大人の自分自身が感染者にならないように気をつけていくことが大切です。

 

O-157の予防法とは?

 

cocoparisienne / Pixabay

 

 

一番最初に実践できること、それは「手洗い」です。

 

トイレのあと、食事の前、外出後など、どこで菌をもってくるかわかりません。

包丁やまな板、トイレのドアノブも消毒した方がいいですね。

目に見えないものなので、徹底して清潔を保つ事が大切です!

 

また、野菜も水道水で洗ったり、加熱食品は充分に火を通したほうがいいです!

先程もお話しましたが、二次感染を防ぐ為、自分が感染源にならないようしましょう!

 

 

まだまだ、日本ではO-157の話題で持ち切りですが、他人事ではないことを頭の片隅においておいたほうがいいですね。

 

 

Sponsored Link
社会問題の関連記事
  • 不倫は遺伝子が関係する説について調査!浮気癖を治す方法はないの?
  • O-157感染の赤ちゃんの症状は?平均潜伏期間や予防法を調査!
おすすめの記事