楽天スカウト後関昌彦を調査!嶋・松井・高梨を見出した神の目とは?

毎年10月になると、プロ野球のドラフト会議が話題になりますね!

選手本人や恩師・家族にそれぞれドラマがあって、いつも感動してしまいます。

いつも選ばれる側が注目されていますが、チームの未来を大きく左右するドラフト会議に欠かせないのが各球団の「スカウトマン」です。

その中でも、東北楽天ゴールデンイーグルスの名スカウトである
後関昌彦」さんにスポットを当てたテレビ番組が放送されるとのことなので、早速調べてみました。

Sponsored Link

後関昌彦のwiki風プロフィール

出典:https://news.biglobe.ne.jp/sports/0309/spn_180309_5718635590.html

氏名:後関 昌彦(ごせき まさひこ)
生年月日:1963年8月5日(54歳)
出身地:千葉県鎌ヶ谷市
身長:180cm
体重:83kg
プロ経歴:ヤクルトスワローズ(7年)→近鉄バファローズ(4年)

 

後関さんは、1981年〜1992年の約9年現役選手として活躍した元プロ野球選手です。

プロ入り後に投手から野手に転向しましたが、
ベストナインにも選ばれた素晴らしい経歴を持っています。

 

そして、プロ引退後にスカウトマンに転身されました。

 

スポーツ選手のスカウトマンは採用人数も少なく、また担当する競技でそれなりの実績が必須条件のようです!

有名選手を発掘した「神の目」

Dragon77 / Pixabay

後関さんがスカウトマンとして、
これまで発掘したプロ野球選手はどのくらいいるのでしょうか?

 

現在も活躍している楽天イーグルスの選手など一部を紹介します。


【東北楽天ゴールデンイーグルス 担当選手】
・嶋基宏 捕手

・松井裕樹 投手

・藤平尚真 投手

・高梨雄平 投手

・岩見 雅紀 外野手

他球団のスカウトマンも一目置く「神の目」を持つ後関さん。

球場に何度も足を運び、プロ・アマ問わず年間400試合以上を観ているからこそ、見抜く力があるんだと思います。

また、選手の将来を第一に考え、プレースタイルから普段の立ち振舞いまでチェックしているとの事。

嶋基宏選手に対しても
「技術以外の部分も重要なポジションだからこそ、ウチの監督の下で伸びるのは嶋だろう」
と当時監督の野村克也さんに推薦したそうです。


「スカウトした選手は、確実にプロで成功する」とも言われているのも納得ですね!

 

現在は、関東地区のスカウトグループマネージャーとして活動されています。

楽天のスカウト部の中では、部長・副部長に次ぐナンバー3の地位にいるようです。

 

Sponsored Link

野球スカウトマンは年俸制?

kschneider2991 / Pixabay


スカウトマンは球団職員にあたるので、年俸制や出来高制ではなく、一般のサラリーマンと同様で球団から給与が支払われます。

自分が担当した選手が活躍したからといって、ボーナスが貰えるわけでもなさそうです。

 

とはいえ球団の収入によっては、職員のお給料も当然増額するでしょうから、とてもやりがいがある仕事だといえます。

 

 

楽天イーグルスといえば、名将である「星野仙一さん」が2018年2月にお亡くなりになりましたね。今でも信じられません。

そんな星野さんが、昨年のドラフト会議で陣頭指揮を取る姿もテレビで紹介するようです。

 

ダイヤの原石を見つけるスカウトマンの仕事は表舞台にはまず出てこないので、こういった影の功労者もこれからどんどん取り上げて欲しいですね!

Sponsored Link
スポーツ選手, 人物の関連記事
  • 楽天スカウト後関昌彦を調査!嶋・松井・高梨を見出した神の目とは?
  • 柏村亮太のプロフィール!日本選手権連覇の筋肉イケメンに彼女は?
  • 武尊は元ヤンキー?年収の額が凄い!?ファッションや入場曲も調査!
  • 須崎優衣がかわいい!腹筋や筋肉がすごい!!父と姉もレスリング選手?
おすすめの記事