2017年最初のビックニュースと言えば

タレントのベッキーさんと

音楽バンドゲスの極み乙女のボーカル・川谷絵音さんの不倫ネタが

記憶にあると思います。

 

 

その他にもベテラン女優の斉藤由貴さんが一般男性と不倫していたニュースも

多いに話題になりました。

 

 

 

 

そんな何かと話題になる『不倫』ですが、

それは、遺伝子が理由だという説があるそうです。

 

 

 

そんな説について調査してみました。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

不倫遺伝子とは存在するのか?

qimono / Pixabay

 

不倫遺伝子と聞くのは初めての方もいるのではないでしょうか?

しかし、最近芸能人の不倫騒動が多く、「不倫脳」や「不倫は遺伝する」など、いろんな分野からの調べが報道されていましたね。

 

 

 

ホンマでっかTVでは「不倫しやすい遺伝子がある」との話題で

盛り上がっていました。

 

 

 

 

実際のところ、いろいろ調べてみると、いろんな説があり、

まとめるのが大変ですが、簡単にまとめてみますので、

お付き合いくださいね。笑。

 

 

 

 

ドーパミンという快感ホルモンの受容体“DAD4”遺伝子。

 

 

 

 

このDAD4遺伝子の一部には、「同じ構造の繰り返し部分」が

存在するといわれています。

 

 

 

ドーパミンの分泌が関係してくるようですが、

「繰り返し」が多い人こそ、浮気が多い研究結果も出ているようです。

 

 

 

さらに、第六感“フェロモン”にも関係があると言われています。

 

 

 

フェロモンは脳で匂いを感知し、自然と反応してしまうそうです。

 

 

 

男女がなんとなく気が惹かれ合ったり、一緒にいて心地よく感じるのは、

フェロモンが関係しているのではないでしょうか?

 

 

1番気になった調べについてですが、

「親が浮気をしていると、その子どもも浮気をする」ということ。

 

 

 

 

これについては、親の浮気を知って育った子どもは、

親と同じような恋愛をしてしまうことがあるようです。

 

 

けれど、それも皆がそうではありませんよね。

 

 

と、こんな感じにはなりましたが、

不倫・浮気について各国で研究者がおり、

それぞれいろんな研究結果を発表されています。

 

 

個人的には、

なんとなく浮気や不倫は遺伝も関係しているような気はしていますが、

実際のところはどうなんでしょうか?

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

浮気癖を治す方法は?

ArtsyBee / Pixabay

 

浮気は病気だから治らないという言葉はよく聞く言葉です。

 

 

 

確かにその言葉に共感できる部分は大きいのですが、

本当に治す方法はないのでしょうか?

 

 

 

 

前述しましたが、不倫は遺伝子の可能性があるという説もあり、

それだったら治すことは難しいのかなとも思います。

 

 

 

個人的な意見で全く解決策ではないのですが

私の意見は

コミュニケーションをとり良いパートナーとしての関係性を築く。

ということに限ると思います。

 

 

 

 

私の大好きな海外ドラマ『スーツ』で、

ヒロインであるレイチェルが主人公であるマイクが不倫していた際に

不倫なんて絶対きれいに終われない!!

と、ブチきれるシーンがあります。

 

 

 

結果、マイクはその言葉通り相手の男性にボコボコにされてしまいます。

 

 

 

ドラマだからぶん殴られるで済みましたが、

現実ではもっともっと大変なことになるでしょう。

 

 

 

トラブルが面倒くさいから浮気不倫をしないというのは

少し違うかもしれませんが、

そういうことも頭に入れてみんなが幸せになれることを

理性的に選択して行動することが

大人の行動なのかもしれません。

 

Sponsored Link
社会問題の関連記事
  • 不倫は遺伝子が関係する説について調査!浮気癖を治す方法はないの?
  • O-157感染の赤ちゃんの症状は?平均潜伏期間や予防法を調査!
おすすめの記事