悦ちゃん、NHK土曜時代ドラマのモデルは誰?原作の小説の作者は?

はじめに
人には人生に3度ほど、異常にモテる時期があるといわれています。それはモテ期と呼びます。久保ミツロウさんの漫画「モテキ」で一躍有名になった言葉ではないでしょうか?あの漫画は冴えない主人公が異様にモテまくり、悩みまくるという漫画で新しい切り口だなー、羨ましいなーと思って漫画を読んでいた記憶があります(笑)映画化、ドラマ化もされ本当に流行っていましたね。そして、そんなモテ期を昭和初期を舞台に表現したものがドラマ「悦ちゃん」です。ユースケサンタマリアさん主演で、面白いこと必須ですね。今回はその悦ちゃんについて調査していきます。



 

原作は?
原作は1937年に出版された小説「悦ちゃん」です。作者は獅子文六で昭和初期から中期に活躍した小説家です。彼の経歴は素晴らしいものがあり慶応の幼稚舎から通い、大学は中退するもその後、フランス留学するなど異色の経歴の持ち主です。そして、なんとフランス人の方と結婚もしています。当時の事情は、よくわかりませんが海外の方と結婚することはかなり珍しいのではないでしょうか?その彼の経歴からもすごい魅力が伝わってきます。
ちなみにですが、この作品は、昭和12年には映画化、昭和33年にはドラマ化など何度か映画化している作品です。この作品には限らず、獅子文六さんの作品は他にも多数、映像化されています。

 

悦ちゃんのモデルはだれ?

気になる悦ちゃんのモデルですが、この作品は、本人と娘のモデルに書かれたとされています。作者も娘と二人で暮らしている時期があったのみたいなので、その生活をヒントにこの小説を書いたのでしょうね。何気ない日常を人を魅了する作品に変えてしまうのは本当に素晴らしい才能ですね。

キャストは?

悦ちゃんは、子役の平尾菜々花さんです。2006年生まれの11歳です。ドラマ「アンフェア」にも出演していたみたいですね。要チェックです。他にも豪華名俳優たちが、脇を固めているのですが個人的に好きなのは、門脇麦さんです。ドラマ「ブラックプレジデント」で初めて彼女を知ったのですが、それからファンです(笑)



 

主題歌は?

パパママソングという80年前、原作にかかれていた詩に橋本由香利さんが作曲しました。覚えやすい曲なので、是非ヒットしてほしいですね。

 
さいごに
恋愛ドラマではありますが、娘と父のやりとりにも注目です。10歳という多感な時期に父親の再婚相手を見繕うという、悦ちゃんはなんとも健気に見えます。それを力一杯表現する平尾菜々花さんも本当に素晴らしい子役だと思います。主演のユースケサンタマリアさんを中心にもっともっと盛り上がっていってくれればいいですね。



未分類の関連記事
  • 岡本健二(おしゃべりクッキング)の経歴や年収が気になる!店も調査!
  • oonoito
    大野いとが消えた理由は何?彼氏の噂や大学について調査してみた!
  • 保坂いずみ弁護士(根室市議員)の経歴や学歴は?
  • 斎藤絵里奈が大島優子似でかわいいと話題!出身地や彼氏の存在は?
  • iida3
    飯田菜奈がかわいいと話題!仙台放送美人人気アナ!結婚は?
  • モンスタエックスのメンバーは?
おすすめの記事