秋山気清NHKのど自慢 鐘のおじさんの年齢は?プロフィール紹介!

日曜日のお昼といえば、NHKのど自慢ですよね!
毎週日曜日の12時15分~放送されています。

 

若い方はあまりのど自慢を観る機会が少ないかもしれませんが、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に過ごしている方は、日曜日のお昼の番組の定番は決まってNHKののど自慢ではないでしょうか?

 

小さい頃からのど自慢にあると、12時15分になると始まるあの音楽がとても心地よい音楽に聞こえますよね。
日曜日のお昼だな~と和んでしまいます。

 

また、のど自慢のいいところと言えば、実はお年寄りだけでなく若い方も楽しむことのできる番組なんです。
日曜日の放送の前日に予選が行われ、20組の本選出場者が選ばれます。
毎週各都道府県の地域で行われ、出場者も若い方からお年寄りまで幅広いのです!

そんなこともあり、番組では若い方にも馴染みのある曲など、歌われることも多く、とても楽しい昔からある馴染みの音楽番組なんです。

 

毎週日曜日ののど自慢を楽しみにされている方も少なくないはず!
番組の顔とも言われるほど、重要な存在といえば誰を思い浮かべますか?

やはり、あの鐘を鳴らしているおじさんですよね?出場者の合否を鐘の回数で知らせる番組で重要な存在の方です!
あのおじさんは、いったい誰なのか?鐘を鳴らす回数は、独自の判断なのか?とても気になるところです。

 

 

そこで、今回はそのNHKの“鐘を鳴らすおじさん”について調べてみました。

 




 

鐘を鳴らすおじさんの名前は?プロフィール紹介!

名前は秋山気清(あきやま きせい)さん。
1967年、東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻卒業し、同年、帝国劇場オーケストラ入団。
1969年、東京交響楽団に入る。その後東京芸術大学フィルハーモニアに移り、約30年近く所属している。
2002年2月より「NHKのど自慢」の鐘を担当しています。

 

生年月日などは、特に紹介されていませんが、だいたい現在70歳ぐらいではないでしょうか?

 

 

 

鐘は鳴らす回数は誰が決めているのか?

審査員は音楽番組プロデューサー・音楽番組ディレクター、開催される都道府県にあるNHKの番組責任者など、通常4〜5人で構成されています。審査員は舞台裏の別室でモニターテレビを通して審査しており、鐘奏者は審査員室からの連絡を受けて「1つ・2つ・合格」の鐘をたたいています。

 

鐘を鳴らしているおじさんの判断ではなく、別に審査委員がおり司令をうけているんですね!

 

 

 




 

鐘を鳴らしている楽器の名前は?

“チューブラーベル”といい、クラシック演奏で使用されることの多い楽器です。
金属の円筒管が吊るされており、それを木製のハンマーで叩き音を出します。

 

 

 

鐘の音階は?

鐘ひとつの時・・・音階【ド】
鐘ふたつの時・・・音階【ドレ】
合格の時は・・・【ドシラソ ドシラソ ドミレ】

 

 

 

以上、鐘を鳴らすおじさん“秋山気清”さんについて、まとめてみました。
のど自慢では、絶対に必要な存在の秋山さん。

 

今後も、NHKのど自慢をあの鐘の音色で盛り上げてほしいですね!

 



未分類の関連記事
  • 岡本健二(おしゃべりクッキング)の経歴や年収が気になる!店も調査!
  • oonoito
    大野いとが消えた理由は何?彼氏の噂や大学について調査してみた!
  • 保坂いずみ弁護士(根室市議員)の経歴や学歴は?
  • 斎藤絵里奈が大島優子似でかわいいと話題!出身地や彼氏の存在は?
  • iida3
    飯田菜奈がかわいいと話題!仙台放送美人人気アナ!結婚は?
  • モンスタエックスのメンバーは?
おすすめの記事